ろくりんのお遊び日記

アクセスカウンタ

zoom RSS GWお出かけ 四国編(その1)

<<   作成日時 : 2013/05/11 08:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

飛び石となったGWの後半は、四国へ行ってきました。

四国へいった第一の目的は剣山の登山!
これまで剣山登山を計画するも、突然の仕事や土砂崩れで通行止めになったりして
直前の中止が何度が続いた因縁の場所です。

仕事から帰宅後、夜10時に自宅を出発。
明石海峡大橋を渡って徳島道に入り、土成ICから492号線を通って
剣山観光リフト乗り場に到着しP泊 朝一からスタートです。

リフトに乗れば山頂の下まで15分ですが、しっかりと歩いて登りました。
画像


山頂下のリフト乗り場にて
ここから山頂までは40分程度です。
画像



山頂は開けていて気持ちいいです。
保護のための木道がずっと続きます。
画像


剣山1995m山頂に到着!
関西以西では石鎚山に続く第二の高峰ですが、楽に上れるので達成感はあまりないです…
画像


リフトを横目に見ながら歩いて下山します。
末っ子は体が小さく、段差を降りるのが大変なので、おばあちゃんとリフトで下山しましたが、
上2人は自分達から歩くと言って、下山しました。
子供達はリフトよりも早く下りると張り切って下山しましたが、歩くのが速い!
奥様はちょっと待ってと言ってました(笑)
画像


駐車場に到着!
キャンピングカーが数台止まっていました。
画像


駐車場で昼食後、奥祖谷のかずら橋へ
有名なかずら橋は、西祖谷と奥祖谷の2か所にあります。
西祖谷はひっきりなしに大型バスが来る超有名な観光地ですが、
奥祖谷は写真に映っている1.5車線の狭い山道を1時間ほど登ってこないと来れません。
画像


奥祖谷には、男橋(おばし)と女橋(めばし)の2つのかずら橋があり
二重かずら橋とも言われています。横には滝もあり、野趣に富んでいます。
画像


高さもあるうえ、足元は丸見えなので、高所恐怖症だと渡るのは難しいかも…
横が大きく空いているので、長男もつまずいたら落ちそうで、見ている方もヒヤヒヤでした。
ちなみに奥様と末っ子はオルビスで留守番でした。
画像



横には野猿も 微妙に斜度が合って結構重労働です。
画像


野猿から 手前が女橋、奥が男橋です。
画像


奥祖谷から大歩危方向へ下山すると異様な光景が!
山奥なのに人が多いな〜と良く見ると”かかし”でした。
かかしのバス停にて
画像


この写真の中に、かかしは何人いるでしょう(笑)
画像


さらに下山し、大歩危方面へ向かっていると山の斜面をてんとう虫が動いています。
画像


気になってUターンし、寄ってみると祖谷ふれあい公園でした。
下にはキャンプ場があり、てんとう虫のある対岸までは、変わった形の橋を渡ります。
画像


早速、てんとう虫の形をしたモノライダーに試乗しました。
大人400円とお財布にもやさしいです。
画像


急斜面を登ったり下りたりと予想以上に面白かったです。
画像


大歩危の道の駅にて
この付近には妖怪伝説が多くあるようで、妖怪博物館が併設されていました。
ここで温泉を検索し、何か所か回ってみたのですが、
1つ目は混雑のため2時間後に受付再開と言われ、
2つ目のホテルもGWのため日帰り入浴は早めに終わりましたとのことでした…
他にも何か所かあったのですが、
ホテルの施設のため入浴料が大人1000円〜の所ばかりで諦め先を急ぐことにしました。
画像


道の駅からみた大歩危峡 谷が深いです
画像


その後、高知方面へ向かい、高知道の南国SAで夕食後、温泉施設を検索し、
ICから近い「かんぽの宿伊野」で日帰り入浴をしました。

宿泊施設の温泉でしたが、すぐ下にオートキャンプ場があるためか日帰り入浴が多いみたいで、
鍵付きのロッカーで安心して利用できました。
露店風呂もあり、大人500円で気持ちよく入浴できました。

この日は足摺岬まで移動し、駐車場にてP泊をしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
GWお出かけ 四国編(その1) ろくりんのお遊び日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる