ろくりんのお遊び日記

アクセスカウンタ

zoom RSS GWお出かけ 四国編(その2 足摺岬〜四万十)

<<   作成日時 : 2013/05/16 00:16   >>

トラックバック 0 / コメント 3

GW(後半)のお出かけ2日目は足摺岬からスタートです。

日の出を見ようと、朝6時過ぎに岬の展望台に行ったのですが、
あいにくの曇り空で太陽は見えず…
少し日が昇ってからやっとお日様が顔を出しました。
画像


日の出の時間は早朝にも関わらず、混雑しています。
周辺のホテルから多くの方が来られていました。
画像


早朝の岬は、灯台の光が良い感じでした。
画像


足摺岬の駐車場でのんびりと朝食をとって、
付近を散策して戻ってくると、観光客が多く来られていて駐車場は大混雑
直ぐに移動を開始しました。
画像


海の駅に併設されている「ジョン万次郎資料館」へ
ジョン万次郎については、あまり知らなかった上、
歴史はあまり興味がなかったですが、子供達の教育のためと思い行ってみることにしました。

江戸時代末期から明治にかけての人物で、
漁に出て太平洋で遭難し、鳥島に流れ着いた後、捕鯨船に助けられて
アメリカ本土に渡って英語や航海術等を学んだ後に帰国し、日米和親条約の締結に尽力した人物でした。
ABCの歌を日本に初めて紹介した人物だそうで、歌を学校でならっていた娘が驚いていました。
画像


海の駅の観光案内所で、周辺のスポットについて教えてもらい、
海遊館 海洋生物研究所以布利センターへ向かうことにしました。
ここは大阪にある海遊館の展示生物の収集や飼育をしている施設で、
週末のみ不定期で公開されていました。
画像


お目当ての第二水槽に行ってみると、巨大なジンベイザメが泳いでいました。
大阪では、ジンベイザメのオスは「海くん」、メスは「遊ちゃん」と呼ぶらしいですが、
こちらではイブリ5号と呼ばれていました。
画像


建物がまるごと大きな水槽になっていて、
公開施設の所のみ照明を落とし、大きなガラス窓が設置されています。
画像


たまたま見学に行ったお昼前は餌の時間でした。
職員の方が泳ぎながら、バケツ一杯の餌をジンベイザメにあげるのですが、
サメの口がバケツぐらいの大きさがあるため、吸い込まれないように?必死に泳ぐ姿が面白かったです。
画像


足摺の後は、四万十方面へ
まずは行ってみたかった海洋堂ホビー館へ向かいました。
ホビー館についてみると、道路にはバス待ちの長蛇の列!
そして入場券を買うのにも行列が出来ていてビックリしました。

後から分かったのですが、四万十川沿いの国道からホビー館へ行こうとすると、
手前の駐車場に誘導され、そこからシャトルバスで向かうようになっていました。
我々は通常とは逆のは中村市方面から、細い峠道を超えてきたお陰でそのままホビー館に駐車できました。
駐車場は空いていたので、逆ルートで来る人は少なかったようです。
画像


へんぴな所で行くのに苦労しますが、独特の世界は一見の価値ありですね。
画像


ホビー館の後は、四万十川へ出て、国道381号線を愛媛方向へ向かうと鯉のぼりが!
なんと四万十川を横切り、対岸の山の頂上にロープが張られて、
大量の鯉のぼりが泳いでいました!
画像


写真にすると鯉のぼりが小さく見えますが、一つ一つは大きなものです。
何匹あるのか?? どうやってあげるのでしょうね
画像


鯉のぼりを見た後は、国道を走りながら見えていた沈下橋に行ってみました。
沈下橋の際から、車が降りていたので同じように河川敷に入ってみると
画像









ん・・・??
何か嫌な感じ・・・・










時すでに遅し、見事にハマってしまいました(笑)
画像


これまでもう一台の愛車ランドローバーで河川敷を走り回っていたので、
こういった所に入るのは全然抵抗が無かったのですが、もう少し気を付けるべきでした。
良く考えると3トン近い車重で2WDだとこうなるのは当たり前ですね。
画像


周りにいた方に助けていただいて、持っていた牽引ロープで引っ張ってもみたのですが、無残にも切断!
結局、おとなしくJAFを呼ぶことにしました。
画像


GW中のJAFへの救援ということで予想通り2時間待ち。
2時間たって来てくれたのですが、地図にも乗っていない場所だったため、我々の居場所がうまく伝わらず
近くに来ましたのコールから1時間かかって、やっと20時過ぎに救援に来てくれました。

来てくれたのはJAFが提携している近くの整備工場の70ランクルでしたが、
ダブルラインでオルビスに引っかけてWARNウインチを利用して10分程度で救出完了!
助かりました。

余分な時間を費やしてしまいましたが、椅子を出して、のんびりとコーヒーを飲みながら贅沢な時間を過ごしました。
水も綺麗だし、河川敷にはゴミ一つ落ちていないことにビックリしました。
まさに日本最後の清流です 今度は是非、泳ぎに来たいと思いました。

結局、その晩は道の駅「とおわ」で、発電機を回してご飯を炊き、
持参していたチキン南蛮を電子レンジで温めて済ましました。
画像


食事後はそのまま高知市内へ向かい、
マイミクさんのかわいいHEROさん情報で知った、「土佐ぽかぽか温泉」に入浴後、
桂浜の駐車場でP泊をしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大変でしたね。僕も初めて行った川原でスタックしてしまい蟻地獄になったことがあります。あとで知りましたがそこはスタックの名勝で、救助に行ったJAFもスタックしたりする場所だったんです。初めての場所はまず足で確認が必要ですね。
かむぱぱ
2013/05/16 07:58
いつも早起きで感心します。
我が家は、朝が遅いので…。
高知、やっぱりいいですね。
時間がないと四万十までは足を延ばせないので、次回は市内スルーで海遊館施設や海洋堂目指したいです。
こいのぼりは、生田斗真君のドラマで出てたやつですね、きっと。
ぽかぽか温泉、我が家が行きそびれた方ですね、良かったですか?
かわいいHERO
2013/05/16 11:04
>かむぱぱさん
事前の確認はオフ走行の基本なんですが、疎かにしがちですね。
今回の場所も「入るとスタックします」と書かれた小さな手作りの看板が有るのに後から気が付きました。オルビスでの走行時には気を付けたいと思います。

>かわいいHEROさん
朝が早いのは私だけで、周りは遅いので、いつもストレスがたまります(笑)
高知から四万十まで高速が延びたので、早くいけるようになりましたが、それでも時間がかかります。時間をとって、のんびりと過ごすのをお薦めします。
ちなみに、ぽかぽか温泉、混雑していましたが、良かったですよ!
ろくりん
2013/05/17 07:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
GWお出かけ 四国編(その2 足摺岬〜四万十) ろくりんのお遊び日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる